MSL
ホーム > 院長コラム > 犬、猫の東洋医学の病気の原因になるストレスについて
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬、猫の東洋医学の病気の原因になるストレスについて

■2015/10/27 犬、猫の東洋医学の病気の原因になるストレスについて
犬、猫の東洋医学の病気の原因になるストレスについて
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、東洋医学での病気になる原因の七つの感情の怒、喜についての話をしました。
今回は、その続きの話をします。
 
東洋医学では、ストレスが原因になって病気が発症する七つの感情によって発症するという考えがあることを話しました。
怒、喜、思、憂、悲、恐、驚の七つの感情があり、前回は、怒、喜についての話をしました。
今回は、その続きの話をします。
 
思は、考えることを思といいます。
動物も考えていると思うのですが、考えすぎているどうかは、なかなか難しいです。
思いが強すぎたり、考えすぎたり、思い悩むと心を傷つけて、脾を痛めてしまいます。
心神が消耗すると眠れなくなったり、動悸がしたりしますが、動物が思い悩むかどうかは難しいです。
 
脾氣を損傷すると運ぶ機能がうまくいかなくなり、食欲不振や下痢、膨満感、なんとなくだるそうな症状になります。
 
犬、猫は、人と一緒に生活をする中で、いろいろ考えていると思います。
本能で生活している部分もあれば、考えて生活している部分もあると思いますので、考えすぎたり、思い悩んだりすることもあると思いますが、本当にそうなのかどうかは、答えてくれませんので、難しいです。
 
悲と憂は、過度の悲しみや憂鬱が内臓を損傷してしまうものと内臓から悲しみや憂鬱の症状になるものがあります。
過度の悲しみや憂鬱がおこると肺に影響が起こり、肺は天空の氣を取り入れている臓器なので、気が入ってこなくなると気が消えていき、生きる気力がなくなったり、元気がなくなったりします。
 
動物でも悲しみと憂鬱の症状は、思いと違ってわかります。
パートナーや一緒に生活していた動物が亡くなったりすれば、悲しみますし、落ち込みます。
大好きな飼主様がお嫁にいってしまい、いなくなったり、大学生や社会人になり家を出ていったりすると寂しくなりますし、悲しくなります。
飼主様が悲しんだりしていれば、悲しくなりますし、落ち込んだり、悩んだりしていれば、犬、猫も同じように落ち込んだりします。
これは、現代社会においてものすごく多くなっていると思っています。
私たち人が、暗い世の中になってきていますし、ストレスも多い社会になっています。
会社で落ち込んだり、ストレスになったりして、憂鬱になって家に帰ってきて、犬や猫に愚痴をこぼしたり、話をしたりすると思います。
これは、ダイレクトに犬、猫にも伝わり、犬、猫も憂鬱になったり、悲しんだりします。
そうなると肺が損傷を受けて、元気がなくなったり、生きる気力がなくなったりします。
 
現代社会が抱えている問題が、直接、犬や猫にも影響をしてしまっています。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆