MSL
ホーム > 院長コラム > 犬、猫の小腸の異常が前肢や肩、首に出る
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬、猫の小腸の異常が前肢や肩、首に出る

■2015/11/08 犬、猫の小腸の異常が前肢や肩、首に出る
犬、猫の小腸の異常が前肢や肩、首に出る
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、前肢少陰心経の話をしました。
今回は、前肢太陽小腸経の話をします。
 
前回の前肢少陰心経の第5指の内側から前肢の第5指の外側につながっていきます。
前肢太陽小腸経は、前肢の第5指の外側より、手首の外側を通って、腕に上がっていきます。尺骨の外側を通り、肘の後ろに出て、肩甲骨を経て第7頸椎の下から胸に入り、心を通って横隔膜を通り、胃にいきます。
胃からさらに下行し、小腸に至ります。
支脈は、首から分かれて、頸静脈を沿って、顔の頬を通り、目の外側から耳の中に入ります。
 
前肢太陽小腸経の病徴としては、のどが痛くなったり、顎が腫れたり、首に痛みが出たり、首が回らなくなったり、肩が痛くなったり、腰ガ痛くなったりします。
耳が聞こえにくくなったり、目が黄色くなったり、頬が腫れたり、首や肩、前肢が痛くなったりします。
 
小腸経の経脈なのですが、小腸の異常が肩や首、前肢の痛みとなって現れたり、耳が聞こえにくくなったり、顎が腫れたりするような症状が起こるとは、西洋医学では考えにくいとお思います。
東洋医学では、そこを通る経脈に異常がでてくるという考え方なので、小腸が悪くなると首、肩、前肢、頬、顎などに異常が出てきます。
 
前肢の経脈は、みんな前肢が痛くなったりしますので、前肢のどこが痛いのかが大事になります。
今回の前肢太陽小腸経の場合は、前肢の外側が痛みが強くなるので、その場所を確認することで小腸経に異常があるということがわかります。
前回の前肢少陰心経の場合は、同じ前肢の痛みでも内側の痛みになりますので、ただ、前足が痛いだけではなく、どこの痛みがあるのかを見極めるのが大事になります。
 
ただ、これがなかなか難しいです。
診察室では、動物の緊張していることが多く、筋肉に力が入ってしまっているので、痛みの症状が出なかったり、我慢してしまうこともあるので、難しいことも多いです。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆