MSL
ホーム > 院長コラム > 犬猫の肝臓の値が上がっている時にどのように考えるか3
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬猫の肝臓の値が上がっている時にどのように考えるか3

■2016/01/01 犬猫の肝臓の値が上がっている時にどのように考えるか3
犬猫の肝臓の値が上がっている時にどのように考えるか3
明けまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
今年もブログを書き続けていきますので、拝読していただければ幸いです。
ふじわら動物病院をよろしくお願いいたします。
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、肝臓の値が上がっていて、アルブミンが下がっている場合にどのように考えるか話をしました。
今回は、肝臓の値が上がっていて、ビリルビンの値が上がっている場合にどのように考えるか話をします。
 
3.肝臓の値が上がっていて、ビリルビンの値が上がっている場合
 
肝臓の値が上がっていて、ビリルビンの値が上がっている時の症状は、元気がなくなったり、食欲がなくなったり、食欲が落ちたり、吐いたり、下痢したり、黄色いおしっこが出たり、黄色い緩い便が出たり、眼の白目のところが黄色くなったり、肌が黄色くなったりします。
 
このような時は、赤血球が壊れていないか確認いたします。
肝臓が悪くなっても赤血球が壊れてもビリルビンが上がってしまうので、赤血球が壊れていないか確認します。
血液検査で、赤血球が減っていないか、貧血していないか、溶血していないか、尿検査で、血色素尿になっていないか確認します。
 
また、肝臓や胆道系、肝臓以外に問題がないかどうか、超音波検査で確認します。
胆嚢内で、胆嚢結石がないか、血餅、胆泥がないか、胆嚢粘液嚢種がないか、胆管が腫れたり、肥厚したり、胆管腫瘍がないか、胆管が狭くなっていないか、胆管が詰まっていないか、肝臓が線維化していないか、肝臓の腫瘍がないか、肝臓の縁がぼこぼこしていないか、肝臓が小さくなっていないかなど確認します。
肝臓以外でも問題がないかも確認します。
十二指腸に腫瘍がないか、十二指腸の動きは正常か、十二指腸に異物がないか、膵炎が起きていないか、膵臓に腫瘍がないか、横隔膜ヘルニアがないかどうかなど確認します。
 
肝臓に問題がある場合は、重度の肝疾患になっていることが多いです。
慢性肝炎や肝硬変、肝リピドーシス、リンパ腫などのことが考えられます。
 
ビリルビンが上がって時は、病気も重いことが多いので注意が必要です。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆