MSL
ホーム > 院長コラム > 白内障の手術前に確認すること
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

白内障の手術前に確認すること

■2016/03/13 白内障の手術前に確認すること
白内障の手術前に確認すること
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、アメリカンコッカースパニエルでよくみられる目の病気の白内障の治療の話をしました。
今回は、白内障の手術の前に確認することの話をします。
 
白内障の治療は手術しかないという話をしました。
外科的処置による治療をおこなうためには、手術をする前に確認しておくことがあります。
白内障の手術は、手術することによって目が見えるようになるということが大事なことになるので、それが前提になります。
 
白内障の手術は、未熟白内障から過熟白内障の時に手術をおこなうことが多いです。
ただ、あまりにも進行して過熟白内障になっていて、水晶体がかなり扁平している場合は、水晶体の嚢が損傷したり、人口レンズが入らなかったりする場合は、手術が難しいことがあります。
 
緑内障や網膜剥離や進行性網膜萎縮、網膜変性などすでに視覚を喪失している場合は、手術しても見えるようになりませんので、手術適応外になります。
 
手術後は、毎日点眼する必要がありますので、点眼ができない、点眼するときにかまれてしまう。仕事で家にいることができないなどの理由で点眼ができない場合は、手術が難しくなることがあります。
手術後は点眼治療もしなくてはいけません。
数種類の点眼を1日4回ぐらいつけなければいけない場合があります。
点眼ができない場合は、手術後の合併症が起こり失明してしまう危険性もあるので、手術後に点眼ができるかどうかも大事なことになります。
手術したらすべてOKというわけにはいかないので、点眼できない場合は、手術が難しくなります。
 
また、手術後、目の損傷を防ぐために1カ月ぐらいエリザベスカラーをつけて目を守る必要があります。
手術した後は、目を気にして掻いたり、こすったりすると緑内障になったり、傷を悪化させたりしてしまうと困るので、エリザベスカラーをつけます。
エリザベスカラーをつけることをものすごく嫌がる動物もいるので、その場合も手術後の管理が要注意になります。
 
性格的に興奮しやすい子も注意が必要になります。
興奮すると出血を起こしたり、眼圧が上がったりしてしまう場合がありますので、注意が必要です。
当院でも眼科専門医で手術をしてもらったのですが、術後興奮してしまい緑内障になってしまい結局失明してしまった子もいました。
 
このように手術するリスクもありますので、白内障手術の前に手術ができる状態なのかどうか確認いたします。

友だち追加数


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆