MSL
ホーム > 院長コラム > 若齢期によくみられる目の病気の角膜ジストロフィー
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

若齢期によくみられる目の病気の角膜ジストロフィー

■2016/03/28 若齢期によくみられる目の病気の角膜ジストロフィー
若齢期によくみられる目の病気の角膜ジストロフィー
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、高齢期によくみられる目の病気の核硬化症の話をしました。
今回は、若齢期にみられる角膜の病気の角膜ジストロフィーの話をします。
 
犬や猫の若齢期というのは、1から6歳までの事を言います。
若齢期に多い目の病気として、進行性網膜萎縮や若年白内障があります。
その他、若齢期にみられる角膜ジストロフィーという病気があります。
 
角膜ジストロフィーとは、全身性の異常がない原発性の目の病気になります。
両目になり、遺伝性の異栄養疾患になります。
角膜の表面にも中や内側にもなります。
若齢期の時は、角膜実質に角膜ジストロフィーが起こることが多いです。
中年齢では、角膜の内皮に角膜ジストロフィーが起こることが多いです。
 
角膜ジストロフィーの特徴として、白や灰色、銀色の結晶ができたような角膜に濁りができて、これが両目に見られます。
炎症は起こらない為、濁りができても充血したり、目の痛みが出たりすることはありません。
気にする様子もなく、無症状です。
 
角膜実質にみられるジストロフィーは、角膜上皮の真下の実質の浅いところにコレステロールやリン脂質や脂肪酸などが沈着します。
これは、遺伝性疾患なので、遺伝に問題があります。
 
角膜ジストロフィーを遺伝的に持っている犬種は、ビーグル、シベリアンハスキー、シェルティー、キャバリア、プードルなどがあります。
 
両目の角膜の同じようなところに同時にできます。
片目だけということは、通常ではないため、片目だけしかできていない場合は、遺伝性ではなく他の病気になります。

友だち追加数


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆