MSL
ホーム > 院長コラム > 高齢期によくみられる目の病気の角膜内皮ジストロフィー
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

高齢期によくみられる目の病気の角膜内皮ジストロフィー

■2016/03/30 高齢期によくみられる目の病気の角膜内皮ジストロフィー
高齢期によくみられる目の病気の角膜内皮ジストロフィー
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、若齢期によくみられる目の病気の角膜ジストロフィーの話をしました。
今回は、高齢期によくみられる角膜内皮ジストロフィーの話をします。
 
角膜ジストロフィーは、若齢期と高齢期にみられるものでは、違うものになります。
同じ角膜ジストロフィーに分類されますが、若齢期の時は角膜の実質にジストロフィーができることが多いですが、高齢期になると角膜の内皮にジストロフィーができることが多いです。
 
角膜内皮ジストロフィーも遺伝性疾患で、角膜内皮細胞の異栄養性変化による遺伝性の角膜浮腫といわれています。
若齢期に起こる角膜ジストロフィーと一緒で、両目に発生します。
 
特徴としては、角膜全体が青みがかかった濁りが出てきます。
血管新生や結膜の充血などの炎症所見はみられません。
ボストンテリアやチワワ、ダックスなどによくみられます。
角膜浮腫が進行すると角膜上皮に水疱ができる場合があります。
最初は片目にできて、その後両目になることが多いです。
 
角膜の内皮細胞が変性するために細胞の数が減少し、眼房水が角膜上皮や実質内に入り込んで浮腫が起こって、角膜が濁ってしまいます。
 
治療としては、角膜内皮ジストロフィーは遺伝性疾患のために角膜の濁りを治療することは難しいです。
かなり浮腫が進行すると見えにくくなることもあります。
基本的には、経過観察になってしまうことが多いです。
 
友だち追加数


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆