MSL
ホーム > 院長コラム > 乾性角結膜炎の治療について
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

乾性角結膜炎の治療について

■2016/04/11 乾性角結膜炎の治療について
乾性角結膜炎の治療について
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、目やにが多くなる原因について話をしました。
今回は、乾性角結膜炎の治療の話をします。
 
目やにが多く出る病気に乾性角結膜炎があります。
涙の分泌量が1分間で10mm以下の場合になります。
 
乾性角結膜炎の治療は、まず、目をきれいに洗います。
コンドロイチン点眼液などを使って目の表面の洗い、目やにを取って清潔な状態を保つようにします。
1日何回も洗わないといけない場合もあります。
 
抗生剤の点眼液を点眼します。
感染症が起こってきますので、抗生剤の点眼液を使ったり、内服を使う場合もあります。
長期投与していくのはなるべく避けるようにしますが、使わないと難しいときもあります。
その場合は、定期的に目やにをモニタリングしていき、感染が起こっていなかどうか確認します。
 
ヒアルロン酸の点眼液を使って、涙を補うようにします。
防腐剤が入っていないタイプを使い、なるべく1日何回も点眼するようにします。
10回でも20回でも点眼していきます。
 
免疫介在性の乾性角結膜炎の場合は、シクロスポリンの点眼薬を点眼して、涙の分泌が出るようにします。
免疫介在性の場合は、シクロスポリンの点眼薬が効果ありますが、免疫介在性ではなければ効果がありません。
2ヶ月以上点眼しても効果がない場合は、シクロスポリンの点眼薬は中止します。
長期投与する場合は、血液検査を定期的に行って肝臓の機能低下などの副作用に注意します。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆