MSL
ホーム > 院長コラム > 高齢動物と車の続きの話
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

高齢動物と車の続きの話

■2016/04/26 高齢動物と車の続きの話
高齢動物と車の続きの話
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、高齢動物と車についての話をしました。
今回も、高齢動物と車の続きの話をします。
 
動物が高齢になると、動物病院に行くのも車が多くなると思います。
特に小型犬であればいいのですが、中型犬や大型犬になるとさすがに担いで動物病院に行くのは大変だと思いますので、車で動物病院に行くことになると思います。
その為にも、若いときから車にならしておくといいです。
 
小型犬であれば、キャリーバックに入れて移動するのがいいですし、車の中でもキャリーバックごとシートベルトをかけます。
今は、シートベルトをかけるところがついているものも売っています。
 
中型犬や大型犬は、後部座席やステーションワゴンタイプであればラゲッジスペースに小型犬と同じようにドックキャリーをつけるといいですね。
床はなるべく滑らないような素材にしてあげないと床が滑るとカーブで曲がるたびに滑ってしまいますので、滑らないような素材にしてあげてください。
 
ラゲッジスペースに乗せる場合は、特に大型犬ですと若いうちは自分で飛び乗ることができるのですが、高齢になると自分で飛び乗ることができなくなってしまいます。
そうすると担いでのせないといけなくなりますので、大変になのでスローブで上がったり下りたりするように訓練しておくといいですね。
 
高齢になってからやろうとするとスローブを怖がってできない場合もあるので、若いうちから訓練して、スローブを使えるようにしておくと高齢になってから楽です。
 
また、ラゲッジスペースもSUVのような車高が高いタイプではなく、ステーションワゴンのような車高が低いタイプの方が高齢犬には優しいです。
 
高齢になると来るまでの運搬も増えますので、若いうちから車を好きになってくれるように訓練しておくといいですね。

友だち追加数


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆