MSL
ホーム > 院長コラム > 高齢動物と食事の種類
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

高齢動物と食事の種類

■2016/05/06 高齢動物と食事の種類
高齢動物と食事の種類
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、高齢動物とビタミン、ミネラルの話をしました。
今回は、高齢動物と食事の種類について話をします。
 
食事の種類は、さまざまあると思います。
一番多く使われているのがドライフードになると思います。
その他、缶詰フード、レトルト、手作り食、新鮮な食材などがあります。
 
一般的にはドライフードを与えている方が多いと思います。
旅行に行くときや災害時には実用的だと思います。
高齢動物としては、ドライフードは、口の中に歯周病があったり、歯が抜けていたりして、食べにくい動物もいるので、食べやすいようにふやかして与えてあげるといいです。
ビタミンやミネラルに関しては、時間がたっていて保存されているものなので、変性していることが多いです。
 
缶詰フードは、好んで食べる動物も多いと思います。
70~80%は水分を含んでいるので、柔らかいですし、食べやすいと思います。
一度開けたら食べきる必要があったり、日持ちはしないです。
こちらも作ってから時間がたっていますし、保存されているので、ビタミンやミネラルは変性していることが多いです。
 
手作り食は、その子の体調や状況に合わせて作ることができます。
保存料や添加物も入らないので、自然なままの食材による栄養を取ることができます。
いらないものを取らなくて済むので、体にとってはいいです。
栄養バランスに気を付けて作らなければいけないので、手間がかかります。
旅行や災害時には、手作り食を作ることができないこともあると思うので、その時にドライフードを食べないのは、大変になると思います。
 
新鮮な食材は、野菜など生のまま与えることで栄養やビタミン、ミネラルなどをそのまま取ることができます。
結構食べてくれることも多く、生野菜が好きな子もいます。
野菜がそのまま出てきてしまうこともあるので、細かく切って与える必要があります。
 
このように様々な種類の食事がありますので、その子に合わせた食事を与えるようにしましょう。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆