MSL
ホーム > 院長コラム > 犬、猫の耳の洗浄剤
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬、猫の耳の洗浄剤

■2016/06/07 犬、猫の耳の洗浄剤
犬、猫の耳の洗浄剤
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、耳垢を柔らかくして出す潤滑剤の話をしました。
今回は、耳の洗浄の話をします。
 
耳道から残った耳垢溶解剤や潤滑剤を取り除くために耳道の洗浄をおこないます。
洗浄剤も聴器毒性がありますので、鼓膜を確認してから使います。
 
洗浄剤を耳道内にたっぷりと入れて、脱脂綿にしみこませて除去します。
これを何回か繰り返し洗浄いたします。
 
洗浄剤は、酢酸やクロルヘキシジン、エチレンジアミン四酢酸トリスなどがあります。
酢酸は、2.5%の濃度で緑膿菌を抑える効果があります。
アレルギーや潰瘍がある場合は刺激になるので使わない方がいいです。
 
酢酸のような酸性の洗浄剤は、フルオロキノロン系やアミノグリコシド系の抗生剤とは併用しません。
抗生物質の効果が落ちてしまう可能性があります。
酸性の洗浄剤を使ったときは、洗浄を行ってから20分待つ必要があります。
 
クロルヘキシジンの洗浄剤は、聴器毒性を避けるために0.05%の洗浄液を使うことが多いのですが、0.05%であれば中耳に対して比較的安全ではないかといわれているが、本当かどうかは不明です。
また、この0.05%の濃度では細菌に対する効果もありませんので、洗浄液としてはケアぐらいになります。
 
エチレンジアミン四酢酸トリス【EDTA-トリス】は、抗生物質を使う前に使用する洗浄液としては有効といわれています。
EDTA-トリスは、細菌の細胞膜に影響して、抗生物質の感受性を高める効果があるといわれています。

友だち追加数


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆