MSL
ホーム > 院長コラム > 耳炎の原因となる寄生虫のニキビダニ
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

耳炎の原因となる寄生虫のニキビダニ

■2016/06/17 耳炎の原因となる寄生虫のニキビダニ
耳炎の原因となる寄生虫のニキビダニ
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、耳炎の原因となる寄生虫のミミヒゼンダニの話をしました。
今回は、同じ寄生虫のニキビダニの話をします。
 
ニキビダニは、毛包虫といわれていて、毛の根元の毛包というところに感染する寄生虫です。
人でも鼻の脇にニキビダニがいる方もいらっしゃいます。
いるだけでは悪さをしないこともあるのですが、持続的な原因になったり、耳炎の原因になったりすることもあります。
 
耳介や耳垢から検出されることがあり、若齢期や短頭種の耳で比較的多くみられます。
若齢期に発症するニキビダニは、原発の原因になっていることが多く、成犬、成猫でみられる場合は、続発的な原因のことが多く、免疫が関与している場合が多いです。
甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症、糖尿病などの内分泌疾患があるときや強力なステロイドを長期に使用した場合などにみられます。
 
猫では、あまりニキビダニがみられることは少なく、ほとんどが免疫疾患が関与しています。
ニキビダニによる耳炎がみられる場合は、ニキビダニの治療と一緒に免疫疾患の治療も行う必要があります。
特に猫のエイズや白血病の感染について、検査する必要があります。
 
ニキビダニは、様々な程度の痒みになります。
少し痒い場合もあれば、めちゃくちゃ痒がる場合もあります。
ニキビダニと二次感染が起こると更に痒みが強く出る傾向があります。
 
耳の局所療法を開始する前に洗浄することは、効果があります。
ただ、炎症がきつい場合は、弱い耳垢溶解剤を使います。
細菌感染が併発している場合は、酸性の洗浄剤が有用です。
 
治療は、全身療法として駆除剤を使って治療します。
細菌の二次的な感染症がある場合は、抗生物質も使っていきます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆