MSL
ホーム > 院長コラム > 点耳薬のスルファジアジン銀について
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

点耳薬のスルファジアジン銀について

■2016/07/11 点耳薬のスルファジアジン銀について
点耳薬のスルファジアジン銀について
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、慢性外耳炎の積極的な耳道内の洗浄について話をしました。
今回は、点耳薬のスルファジアジン銀についての話をします。
 
点耳薬は、いろいろある中でスルファジアジン銀が入っている点耳薬があります。
スルファジアジン銀は、昔からある抗菌剤になります。
今でも人の感染をおこす熱傷や褥瘡の治療によく使われています。
 
スルファジアジン銀は、細菌の細胞壁と細胞膜を破壊して、細胞内容物の突出が起こり細菌を死滅させます。
 
効果が効く範囲が広く、酵母様真菌やおおくのグラム陽性菌やグラム陰性菌、特に緑膿菌に対して有効です。
肉芽を作るのを遅らせたり、上皮を作る作用もあります。
 
海外では、動物用の点耳薬として1%のスルファジアジン銀と0.5%エンロフロキサシンの合材のBaytril oticという点耳薬があります。
日本では販売されていません。
当院では、海外から輸入して使っております。
 
聴毒性や副作用が少なく安心して使えます。
Tris-EDTAを前処置し、併用することによって緑膿菌に対する効果が高くなります。
 
慢性の外耳炎になっているときもTris-EDTAもスルファジアジン銀も鼓膜が破れていても使える点耳薬として、使えるものになっているので、鼓膜が確認できない時にでは併用することができ、効果も高いので、当院では慢性外耳炎の時に使っています。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆