MSL
ホーム > 院長コラム > 猫の老化について
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

猫の老化について

■2016/07/15 猫の老化について
猫の老化について
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、慢性外耳炎における抗生物質やステロイドの投与について話をしました。
今回は、猫の老化の話をします。
 
体に起こる老化とは、細胞と組織で有害な変化が集まりで、細胞が死んいき、最終的には組織が機能しなくなったり、死に至るリスクが増えたりすることといわれています。
細胞の本質に組み込まれているプロセスです。
 
老化の速度はそれぞれ個体差があり、早い子もいれば遅い子もいます。
いろいろな因子の影響を受けて、発育障害や遺伝的問題や環境因子、病気などに分類されます。
 
老化は、フリーラジカルによる細胞障害や免疫機能の低下、老化遺伝子、染色体の変化によって起こるとされています。
 
老化によって臓器に変化が起こるとお互いに影響しあって、多臓器不全を起こす可能性が高くなって治療が難しくなります。
 
猫の老化は、棚の上や塀などに飛び上がれなくなってきたり、遊ばなくなって来たり、動きが緩慢になったり、食欲が落ちてきたり、耳が遠くなったり、目が見えにくくなったり、歯がボロボロになってきたりと様々な現象が起きます。
 
老化はゆっくりと進行する傾向があり、臓器に予備能力があり、それがなくなるまでに時間があります。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆