MSL
ホーム > 院長コラム > スクリーニング検査について
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

スクリーニング検査について

■2016/07/27 スクリーニング検査について
スクリーニング検査について
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、体重が減少している時に対処するプランの続きの話をしました。
今回は、スクリーニング検査についての話をします。
 
前回の話の中で、スクリーニング検査をおこなうというのがありましたが、スクリーニング検査というのは、どんな検査をするのかという話をします。
 
スクリーニング検査は、一通りの検査をおこない何か異常が出てくるかどうか検査していきます。
まずは、血液検査の話をします。
 
血液学的検査をおこなっていくのですが、血液では何をみるのかということです。
赤血球、白血球、生化学検査など人でもよく調べる検査と同じです。
 
赤血球では、高齢の猫でよくみられるのが、非再生性の正球性正色素性貧血になります。
この非再生性の正球性正色素性貧血は、慢性の炎症や腫瘍があるとこの貧血になります。
貧血は、鉄の欠乏、慢性出血、造血酵素の欠乏、赤血球の寿命の短縮などによって起こります。
 
甲状腺機能亢進症の猫では、まれに軽度の赤血球増多症がみられることがありますが、病的な問題ではありません。
 
白血球では、高齢の猫でよくみられるのが、慢性の炎症によるリンパ球の減少や好中球、単球の増加がみらえることが多いです。
これは、ストレスパターンの時にみられる現象で、慢性の炎症が起こっていることが示唆されます。
 
リンパ腫や白血病による白血球増加症や白血球減少症もみられることがあります。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆