MSL
ホーム > 院長コラム > スクリーニング検査の肝酵素について2
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

スクリーニング検査の肝酵素について2

■2016/08/02 スクリーニング検査の肝酵素について2
スクリーニング検査の肝酵素について2
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、スクリーニング検査の肝酵素について話をしました。
今回も、肝酵素について話をします。
 
甲状腺機能亢進症の約90%は、肝酵素が上昇していることが多いです。
ASTは、肝臓の潅流の増加が起こり、それにより代謝が増加し、上昇することが多くなります。
 
ALPの増加は、サイロキシンが肝臓や骨からの直接影響を受けるために上昇します。
 
ビリルビンの上昇は、黄疸を意味していることが多いです。
黄疸は、血液由来の黄疸と肝臓由来の黄疸があります。
猫では、血液からくる溶血性貧血は、非常に少なく、高齢の猫では、肝臓からくる黄疸が多いです。
 
猫の肝リピドーシスや肝臓のリンパ腫は、黄疸につながることが多いです。
胆管炎、胆管癌、膵炎でも黄疸がみられることが多いです。
 
超音波検査は、黄疸の原因をしてベル検査としては有用です。
胆嚢が拡張していたり、胆管が拡張していたりすれば、肝後性黄疸があることがわかります。
 
高齢の猫では、胆嚢や胆管の拡張がみられることがあり、肝後性閉塞性黄疸で拡張しているわけではないことに注意します。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆