MSL
ホーム > 院長コラム > スクリーニング検査のリン酸塩について
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

スクリーニング検査のリン酸塩について

■2016/08/05 スクリーニング検査のリン酸塩について
スクリーニング検査のリン酸塩について
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、スクリーニング検査のカルシウムについて話をしました。
今回は、リン酸塩についての話をします。
 
高齢の猫でしばしば、高リン血症がみられます。
高齢の猫でみられる高リン血症の最も多い原因は、腎臓の糸球体ろ過率の低下で見られます。
 
通常は、慢性腎臓病や骨代謝を亢進させる甲状腺機能亢進症と関係があります。
循環障害による腎機能の低下や尿路閉塞による腎機能の低下でも糸球体ろ過率の低下は見られますが、高リン血症は治療によりすぐによくなるので、高窒素血症や高リン血症だけでは、慢性腎臓病の確定診断にはならないです。
 
糖尿病ケトアシドーシスの猫では、高リン血症が重度になり、対処しなければ溶血性貧血といって血液が壊れて貧血してしまいます。
 
採血時に血液を壊してしまうと高リン血症になり、採決によるアーティファクトでも高リン血症になることがあるので、注意が必要です。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆