MSL
ホーム > 院長コラム > スクリーニング検査の血糖値とフルクトサミン
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

スクリーニング検査の血糖値とフルクトサミン

■2016/08/08 スクリーニング検査の血糖値とフルクトサミン
スクリーニング検査の血糖値とフルクトサミン
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、スクリーニング検査の総蛋白質、アルブミン、グロブリンの話をしました。
今回は、血糖値とフルクトサミンの話をします。
 
猫の血糖値では、ストレスでも高血糖になることがあります。
血糖値が290mg/dlを超えると尿糖が出てきます。
中には、血糖値が200mg/dlでも尿糖がでることがあります。
糖尿病でなくても、他の病気やストレスによって360mg/dl以上になることもあります。
そのことにより、1回の測定では、糖尿病と確定診断するには、不十分であり、何回か測定する必要があります。
また、なるべくストレスをかけずに採血をする必要があります。
 
フルクトサミンは、血糖と血漿蛋白質の合成によって作られます。
その為、過去2~3週間の血糖値の評価をすることができます。
一過性にストレスで高血糖になることはないので、糖尿病の診断をするときに有用です。
 
それでもフルクトサミンに影響を及ぼす因子は様々あり、甲状腺機能亢進症、蛋白送出性腸症、蛋白喪失性腎症などにより、血漿フルクトサミンは、低く出てしまいます。
その為、これらの病気と糖尿病が併発している場合は、見落としてしまう場合があるので注意が必要です。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆