MSL
ホーム > 院長コラム > 体重減少がみられる高齢猫の甲状腺機能亢進症
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

体重減少がみられる高齢猫の甲状腺機能亢進症

■2016/08/09 体重減少がみられる高齢猫の甲状腺機能亢進症
体重減少がみられる高齢猫の甲状腺機能亢進症
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
甲状腺機能亢進症は、甲状腺の腫瘍、腺腫、腺癌、過形成によるホルモンの過剰分泌になるのですが、アメリカでは過形成が両側性の過形成が多く、腺癌はまれなのですが、日本では、逆に過形成は少なく、腺腫、腺癌が多く片側の腫瘍が多いです。
 
これは、気候の問題や風土の問題などがあるのかもしれませんが、原因はまだわかっていません。
 
甲状腺機能亢進症は、体重減少、多食、元気消失、脱毛、嘔吐、下痢、興奮、食欲不振、多飲多尿などの症状がみられます。
多食もあれば、食欲不振もあるので、食欲がないときにも注意が必要です。
また、全く症状もなく甲状腺機能亢進症になっている高齢の猫もいるので、見た目ではわからないこともあります。
 
日本では、なぜか甲状腺腺腫、腺癌が多いため、最終的には外科的処置が必要になることがあります。
 
内科的治療もありますが、手術ができない高齢の猫などに内科治療をおこないことが多いです。
内科治療に反応が悪かったり、アレルギーが起こったりすることで、内科的治療ができない症例もあるので、その場合は手術が治療になります。
手術ができる状態、年齢であれば、手術をすることでよくすることができます。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆