MSL
ホーム > 院長コラム > 猫の特発性膀胱炎とホモトキシコロジー
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

猫の特発性膀胱炎とホモトキシコロジー

■2016/08/22 猫の特発性膀胱炎とホモトキシコロジー
猫の特発性膀胱炎とホモトキシコロジー
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、猫の特発性膀胱炎とフェロモン剤の話をしました。
今回は、特発性膀胱炎とホモトキシコロジーの話をします。
 
ホモトキシコロジーは、当院で行っている統合医療の一つで、ドイツのハンス・エインリッヒ・レクベーク医学博士が開発した治療方法になります。
ホメオパシーをベースに病気に応じて薬剤を選択できるようになっています。
 
特発性膀胱炎の現代治療では、確立された治療方法がない状態です。
統合医療では、治療法があり、うまく活用できれば効果的な治療になります。
その一つがホモトキシコロジーになります。
 
ホモトキシコロジーでの治療としては、Cantharis+Mucosa+Traumeelという薬を基本治療として使います。
この3つの薬を1mlずつ混ぜて、3mlを1日1回~2回投薬します。
 
Cantharisは、おもな効果が排尿困難を伴う膀胱炎、痛み、粘膜の炎症、膀胱と腎臓の炎症、腎盂腎炎などに効果があります。
 
Mucosaは、消化管、気道、泌尿器、生殖器、目の粘膜の障害、副鼻腔炎、歯肉炎、気管支炎、結膜炎、胆管炎、胆嚢炎、膀胱炎、尿道炎、膣炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸炎、空腸炎、回腸炎、大腸炎、中耳炎、喉頭炎などに効果があります。
 
Traumeelは、挫傷、捻挫、背部痛、関節痛、創傷治癒、潰瘍、打撲、炎症性疾患、筋肉痛、関節リウマチ、乳腺炎、皮膚炎、中耳炎、副鼻腔炎、膀胱炎、尿道炎などに効果があります。
 
この3つのコンビネーションによって、特発性膀胱炎の治療に効果があります。
当院での特発性膀胱炎の治療は、このコンビネーションの治療と漢方薬によるメンタル治療を加えて、治療しております。
これにより、かなりの再発を防ぐことができています。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆