MSL
ホーム > 院長コラム > 猫の視覚を介したコミュニケーション
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

猫の視覚を介したコミュニケーション

■2016/09/01 猫の視覚を介したコミュニケーション
猫の視覚を介したコミュニケーション
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、犬の視覚を介したコミュニケーションの攻撃姿勢と親和姿勢の話をしました。
今回は、猫の視覚を介したコミュニケーションの話をします。
 
猫は聴覚と同様、視覚を介したコミュニケーションは犬ほど多くはありません。
遊びの姿勢として、近づいたり、追い回したり、取っ組み合いをしたり、引っかいたり、ひっくり返ったり、猫パンチをしたり、猫キックをしたりして遊ぶ姿勢がみられます。
特に子猫同士で遊ぶときが多いですが、成猫でも見られます。
 
友好姿勢は、尾を立てて、ゆっくりと近寄っていきます。
頬をこすりつけるしぐさがみられ、フェロモンの分泌をしてマーキングする姿勢がみられます。
 
猫同士では、お互いがリラックスしていると尾を絡めたり、お互いの体をこすり合ったりして友好関係を示したりします。
 
威嚇姿勢は、瞳孔が収縮して、前に口ひげが向いて、尾や背中の毛を立てて膨らませて威嚇します。
相手より大きく見せるために全身の毛を逆立てることもあります。
 
耳を後ろに倒して、口角を後ろに引いて、歯をむき出し、毛を逆立てて斜めに動くときは、防御的姿勢になっていることが多いです。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆