MSL
ホーム > 院長コラム > 犬猫の攻撃行動をおこす刺激の続き
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬猫の攻撃行動をおこす刺激の続き

■2016/09/17 犬猫の攻撃行動をおこす刺激の続き
犬猫の攻撃行動をおこす刺激の続き
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、犬猫の攻撃行動を起こす刺激について話をしました。
今回も、攻撃行動を起こす刺激の続きの話をします。
 
恐怖による刺激の他に葛藤による刺激もあります。
葛藤による刺激は、2つの感情が同時に起こり不安を募らせたときにみられる行動で、対象となるのが、飼主様になることが多いです。
 
例えば、最初は気持ちよくなでられているのですが、突然噛みついたり、ひっかりたり攻撃してくることがあります。
この場合、そのままでいたいという気持ちとそろそろその場から逃げたいという気持ちの2つの感情が同時に起こり、攻撃行動になってしまうことがあります。
特に猫の方が多い傾向があります。
 
所有欲による刺激もあります。
犬の方が多いですが、自分のものに近づいたり、触れたり、それを取り上げたりする者に対して攻撃的になることがあります。
 
よくあるのが、食べている途中にお皿を取ろうとすると噛みついたり、好きなおもちゃが取りあげたりすると攻撃したり、他の動物に取られたりすると攻撃したりします。
 
テリトリーによる刺激もあります。
自分のテリトリーに入ってくる人や動物に対して攻撃します。
番犬や雄に多い傾向があり、猫はテリトリーに足して意識が高いため攻撃行動を起こしやすいです。
特に発情が来ている時は、余計にテリトリー意識が高くなります。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆