MSL
ホーム > 院長コラム > 犬猫の恐怖症と分離不安症
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬猫の恐怖症と分離不安症

■2016/09/26 犬猫の恐怖症と分離不安症
犬猫の恐怖症と分離不安症
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、不安、恐怖行動の診断について話をしました。
今回は、恐怖症と分離不安症の話をします。
 
恐怖症は、雷や花火、車、バイクなど特定の音の刺激や動物病院、ドライブなど特定の場所または状況に対する過剰な恐怖反応を起こすものを恐怖症といいます。
これは、飼主様が特定できることが多く、「うちの子花火の音が嫌いなの」とか「病院は嫌いなの」といわれます。
 
これらは、特定の刺激がなければ反応をしません。
花火が怖い子は花火がならなければ恐怖行動になりませんし、病院が嫌な子は病院に行かなければ恐怖行動が起こることはありません。
 
ただ、同じような刺激には反応を示してしまうことがあります。
花火が怖い子はテレビで花火の音がしても恐怖行動を起こしてしまいます。
 
分離不安は、留守番や夜など飼主様と離れる分離の状況を動物が予測した時から反応が始まります。
分離する前から予測して不安になることによって反応が始まりますので、分離する前から反応が起こります。
軽度の不安反応は正常範囲になりますが、激しい反応を起こしてしまうと問題になります。
 
猫では少なく、犬の方が多い傾向があります。
家族や特定の人、同居動物から取り残されるという不安反応になります。
 
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆