MSL
ホーム > 院長コラム > 犬猫の常同行動の診断
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬猫の常同行動の診断

■2016/10/02 犬猫の常同行動の診断
犬猫の常同行動の診断
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、犬猫の常同行動の話をしました。
今回は、犬猫の常同行動の診断の話をします。
 
常同行動は、まず飼い主様の気を引こうとする目的とした行為かどうかを確認します。
常同行動自体は、飼い主様がいる、いないに関係なく常同行動がみられますが、気を引くための行動は飼主様がないときはやらないか、やっても少しぐらいということになります。
これをまず鑑別する必要があります。
 
飼主様がなめていると声をかけてくれたり、見てくれたり、触ってくれたりする場合、飼い主様の気を引くために常同行動のような行動をすることがあります。
この場合は、常同行動ではなく飼主様の気を引くための行動になります。
 
次に特定の刺激によって常同行動をすることはないかどうか鑑別します。
例えば、天気が悪くなってきて雷が鳴りそうになると常同行動が起こるとか、郵便屋さんが来る時間になると常同行動を起こすなど、何か特定の刺激により常同行動を起こす場合は、これも刺激による常同行動になりますので、この場合は刺激に対する対応をすることになります。
 
前回も少し触れましたが、神経疾患や関節疾患、整形疾患は除外をしないといけません。
レントゲン検査、関節検査、神経検査などにより、病気によって常同行動を起こしていないかどうか確認する必要があります。
この場合も治療は、常同行動の治療ではなく、神経疾患や関節疾患、整形疾患の治療になります。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆