MSL
ホーム > 院長コラム > 犬猫の排泄行動による問題行動
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬猫の排泄行動による問題行動

■2016/10/07 犬猫の排泄行動による問題行動
犬猫の排泄行動による問題行動
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、犬猫の常同障害の治療の続きの話をしました。
今回は、犬猫の排泄に関する問題行動の話をします。
 
犬猫の排泄行動でお困りの方もいらっしゃると思います。
注意しなければいけないのは、排泄行動による問題行動は、病気の場合もあります。
異所性尿管、膀胱炎、糖尿病、慢性腎炎、尿崩症、神経学的失禁、甲状腺機能亢進症、猫下部泌尿器疾患、間質性特発性膀胱炎、肛門嚢炎、関節炎、脊髄疾患などがあります。
このような病気にかかっている場合、排泄行動による問題行動に見える場合がありますので、鑑別していく必要があります。
 
その為、排泄行動で問題行動のように見える場合は、まず検査が必要になります。
尿検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査などをおこない、病気がないことを確認します。
必要であれば、MRI検査やCT検査も行うことがあります。
 
検査上異常がないことを確認し、ご自宅での状況などをヒアリングして、排泄行動による問題行動かどうかを判断していきます。
 
他の問題行動よりも検査が必要になり、鑑別するのに時間も費用も掛かることが多いです。
そのぐらい、排泄行動による問題行動はなかなか難しい問題があることもあります。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆