MSL
ホーム > 院長コラム > 犬の排泄行動による問題行動
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬の排泄行動による問題行動

■2016/10/08 犬の排泄行動による問題行動
犬の排泄行動による問題行動
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、犬猫の排泄行動に関する問題行動について話をしました。
今回は、犬の排泄行動による問題行動についての話をします。
 
犬の排泄に関する問題行動は、4つに分類されます。
飼育トレーニングの開始時の失敗、性成熟によるマーキングの問題、中、高齢犬の失禁による問題、分離不安症などの恐怖、不安時の問題の4つに分類されます。
 
飼育トレーニングの開始時の失敗は、最初に犬を飼い始めた時におこなうしつけがトイレトレーニングになると思います。
子犬は、初めての環境になれていない状態で、飼主様に対する信頼関係もまだ作れていない状態の時にトイレトレーニングをおこなうことになります。
 
そのためにトイレトレーニングをするときに負のしつけをされることにより、失敗してしまうことがあります。
トイレ以外のところで排泄をしたときに「いけない」「ダメ」「ちゃんとトイレにしなさい」「なんでトイレでできないの!!」などと叱りながらしつけたり、怒鳴ったりした場合は、失敗してしまうことが多いです。
 
成功するためには、正しい場所で排泄ができた時は、徹底的にほめてあげて、間違った場所に排泄をしてしまったときは、無視をして後片づけをしてもらうようにします。
怒りたくなる感情を上手くコントロールして、できた時に褒めて、できなかったときは無視をするようにしてください。
 
犬の場合は、ペットシーツで排泄をさせることが多いと思いますので、ペットシーツの上で排泄ができた時は、褒めてあげてシーツは排泄ごとにきれいなものに取り換えます。
特にわざわざ尿の匂いがするから覚えると、尿の付いたペットシーツをそのまま使ったりする方がいらっしゃいますが、それはトイレを覚えられない原因にもなりますので、1度排泄したものはすぐにきれいなものに取り換えてください。
基本的にきれい好きですから、逆に尿の匂いがするようなシーツには排泄をしないことが多いので、注意してください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆