MSL
ホーム > 院長コラム > 犬の中、高齢の尿失禁問題
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬の中、高齢の尿失禁問題

■2016/10/11 犬の中、高齢の尿失禁問題
犬の中、高齢の尿失禁問題
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回は、犬の性成熟によるマーキングの問題について話をしました。
今回は、犬の中、高齢の失禁問題について話をします。
 
犬も高齢になると人と同じように尿漏れが起こることがあります。
ホルモン性、神経性、認知障害、生理的な筋肉量の低下、神経の衰えなどがあります。
 
寝ているところに尿が漏れているとか、歩いていると尿がぽたぽた垂れるとか、尿をした後にぽたぽた垂れるなどがみられます。
 
高齢の尿失禁は、病気との関連があることが多いので、注意が必要です。
膀胱炎や慢性腎臓病、腫瘍などなど様々な問題により、尿失禁が多りますので、まず病気でないことを除外する必要があります。
検査をして何も異常がなければ、中、高齢による尿失禁として対応します。
 
排泄を定期的に何回も連れて行ってあげたり、段差をなくしたり、トイレの数を増やしたりなどして、トイレに行きやすいようにしてあげるような環境を作ることが大切になります。
 
病気とのかかわりのない、中、高齢の尿失禁は、なかなか治療が難しいことも多く、雄犬にはマナーバンド、雌犬にはマナーパンツを使うこともあります。
ただ、膀胱炎になりやすかったりするので、なるべく頻回に取り換えてあげる必要があります。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆