MSL
ホーム > 院長コラム > 犬の問題行動を罰の難しさの続き
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬の問題行動を罰の難しさの続き

■2016/10/28 犬の問題行動を罰の難しさの続き
犬の問題行動を罰の難しさの続き
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回の犬の問題行動を罰する難しさの続きの話をします。
問題行動を罰したり、罰しなかったりすると問題行動は悪化します。
いつも叱られる犬にとって、叱られないことはご褒美なります。
次は、罰せられないかもしれない、ご褒美がもらえるかもしれないという心理が働き、問題行動が複雑化します。
あなたは、犬が問題行動を起こすたびに毎回必ず、罰を与えることができますか?
 
問題行動を罰したり、罰しなかったりすると飼主様との絆が壊れてしまうかもしれません。なぜなら、犬は飼主様の取る行動を予測でいないために混乱して、不安を募らせるようになるからです。
あなたは、問題行動を起こすたびに毎回必ず、罰を与えることができますか?
 
元々怖がりな犬は、罰せられること自体に強い恐怖心を抱くでしょう。
このような犬は、罰が与えられたときの周りの音やものに対しても恐怖心を持ち、びくびく、おどおどした犬になってしまいます。
あなた自身を怖がるようになってしまうかもしれません。
あなたの犬は怖がりではありませんか?
 
罰を使って恐怖攻撃を抑えると、歯をむく、唸るなどの警告なしに、即座に激しく噛みつくようになります。
これは罰せられるのが嫌でぎりぎりまで耐えるようになり、もうこれ以上我慢できないくらいに恐怖が溜まった時に、爆発的に攻撃するからです。
あなたの犬が抱えている問題は恐怖が関与している攻撃行動ではありませんか?
 
このように書かれています。
これは、負のしつけが難しいですね。
このようにしつけをすることは、現実的には不可能だと思いますので、負のしつけがうまくいかないのはわかりますね。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆