MSL
ホーム > 院長コラム > 犬猫の体に必要なタンパク質
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬猫の体に必要なタンパク質

■2016/11/01 犬猫の体に必要なタンパク質
犬猫の体に必要なタンパク質
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
犬猫の体に必要な栄養素の話をしようと思います。
まず初めにタンパク質の話をします。
タンパク質は、筋肉や血液などの体を作るうえで大切な栄養素になります。
構造としては、20種類以上のアミノ酸からなっています。
アミノ酸は、炭素、水素、酸素、窒素から形成されて、時より硫黄も含む場合もあります。
 
体に必要な必須アミノ酸があり、体では作ることができないため、摂取する必要があります。
10種類の必須アミノ酸を摂取する必要があります。
必須アミノ酸は、アルギニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、トリプトファン、リジン、バリンの10種類になります。
 
タンパク質は、大きく分けて2つに分類されます。
動物性タンパク質と植物性タンパク質に分かれます。
動物性タンパク質は、主に肉類、魚介類、乳製品などになります。
植物性タンパク質は、豆類などになります。
どちらもタンパク質ではありますが、アミノ酸の種類や含有量が違いますので、バランスよく摂取するといいです。
犬猫は、主に肉食動物なので、動物性タンパク質を摂取することがいいです。
 
良質なタンパク質を選んで摂取することがいいです。
食べ物に含まれているタンパク質はいろいろですが、体を作る役割のあるタンパク質は良質のタンパク質を選ぶことが大事になります。
良質のタンパク質は、アミノ酸バランスに優れていて、吸収もよく、体にはとてもいいものになりますので、積極的に摂取するようにしましょう。
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆