MSL
ホーム > 院長コラム > 犬猫の糖尿病ケトアシドーシス
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬猫の糖尿病ケトアシドーシス

■2017/01/13 犬猫の糖尿病ケトアシドーシス
犬猫の糖尿病ケトアシドーシス
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食でうまくケースは他にもある。
当院で、糖尿病の子がいた。
その子は、糖尿病でケトン体が尿にでる糖尿病性ケトアシドーシスという状態になってしまった。
 
糖尿病性ケトアシドーシスは、治療しなければ亡くなってしまう危険性があるくらい状態が悪くなっている。
全く食欲がなくなり、糖尿病用の食事療法食を食べないため、薬膳をもとに手作り食を与えてもらったところ、少しづつ食べるようになって、最初はインスリンも使っていたのだが、インスリンを打たなくてもいいぐらいに血糖値も下がり、尿にケトン体もでなくなった。
 
糖尿病も食事療法によって治療することができる。
人でも糖尿病は食事療法をしていると思う。
それと同じように動物でも食事療法による治療をおこなうことにより、よくなったケースである。
 
そのぐらい食事は大事で、効果のあるものでもある。
最後まで読んでいただきありがとうございます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆