MSL
ホーム > 院長コラム > 犬猫の脂肪と糖質
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬猫の脂肪と糖質

■2017/01/24 犬猫の脂肪と糖質
犬猫の脂肪と糖質
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
もう1つのメタボのパツパツになっているメタボの場合はどうするのか。
パツパツのメタボになっている場合は、脂肪の取り過ぎと炭水化物の取り過ぎが原因になっていることがある。
 
CMでやっているように糖質と脂質を取りすぎるとメタボになりやすい。
体は取り過ぎた糖質と脂質を貯めこんでしまう傾向がある。
食べ過ぎたものは、体から出してくれるとありがたいのだが、そこまで融通は利かない。
全て、消化していったん吸収してしまう。
それを代謝したり、エネルギーとして使ったりして、その後排泄する。
その為、いったん吸収して体の中に貯め込んでしまう。
 
貯めた栄養を全て代謝したり、エネルギーとして使えればいいのだが、使い切る前にまた食べてしまうと使い切れず、貯め込んでしまう。
そうするとどんどんため込んでしまい、内臓脂肪や皮下脂肪になり、最初は柔らかい脂肪なのだが、どんどん貯め込むと硬くなり、セルライトができてしまう。
 
長くなるので、続きは明日にする。
最後まで読んでいただきありがとうございます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆