MSL
ホーム > 院長コラム > 犬猫の適度な水分
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

犬猫の適度な水分

■2017/02/24 犬猫の適度な水分
犬猫の適度な水分
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回、腸管には水分が必要という話をした。
これは、腸管に限らず、どの臓器にも水分が必要になる。
それも適切な量の水分が必要になる。
 
多すぎてもダメだし、少なすぎてもダメである。
水分が多すぎたりすると、血が多くなったり、組織液が多くなったりする。
水分が少なすぎると、血が不足したり、組織液が不足したりする
 
血が多くなると、血の流れが悪くなり、お腹に塊ができたり、皮膚に塊ができたり、関節が硬くなったり、運動障害が出たり、皮膚が黒ずんだり、しこりができたり、痛みが出たりする。
 
組織液が多くなると、組織液の流れが悪くなり、肥満になったり、痰が多くなったり、関節が腫れたり、リンパが腫れたり、浮腫みが出たりする。
血が不足すると、寝られなかったり、ドライアイになったり、視力が悪くなったり、皮膚が乾燥したり、痒みが出たり、ふけが多くなったり、毛艶が悪くなったり、爪が割れたりする。
 
組織液が不足すると、空咳が出たり、ふけが出たり、口が乾燥したり、鼻が乾燥したり、ほてりが出たりする。
 
このような症状になってしまうので、適度な水分が大事になる。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ふじわら動物病院
http://www.fujiwara-ah.net/
会員登録はこちら
http://s.fujiwara-ah.mobi/LLrhQS
✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩
統合医療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/integrated-care.php
皮膚科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/dermatology.php
眼科診療についてはこちら
http://www.fujiwara-ah.net/ophthalmology.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県新座市北野1-2-16
TEL:048-486-8122
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/EzhZ
Twitter:http://p.tl/qM_K
mixi:http://p.tl/h5eE
アメブロ:http://p.tl/u9ku
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆