MSL
ホーム > 院長コラム
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報

院長コラム

■2017/04/18 果物は人工的に作られ過ぎた
果物は人工的に作られ過ぎた
【果物は人工的に作られ過ぎた】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
糖質の話になったので、ちょっと脱線するが、果物の話をする。
 
果物は、ミネラルやビタミンが豊・・・
■2017/04/17 皮膚にいいと謳っているフードがなぜ注意なのか
皮膚にいいと謳っているフードがなぜ注意なのか
【皮膚にいいと謳っているドックフードがなぜ注意なのか】
 
皮膚にいいと謳っているドックフードは、オメガ酸を多く入れることによって皮膚にいい油を入れて皮膚がよくなるようにしようとしている。
皮・・・
■2017/04/14 犬の胆泥症や胆石は炭水化物や糖質も原因になる
犬の胆泥症や胆石は炭水化物や糖質も原因になる
【胆泥症や胆石は、炭水化物や糖質も原因になる】
 
食事に不要なものが多く入っていると胆泥症や胆石症になる。
それ以外にも、炭水化物や糖質を食べ過ぎてもなる。
 
糖質というのは、すべての・・・
■2017/04/13 犬の胆汁の生産量は少ない
犬の胆汁の生産量は少ない
【犬の胆汁の生産量は少ない】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
犬の胆汁の1日の生産量は、人、猫と比べると1番少ない。
胆汁を作る量が少ないということは、脂肪を消化す・・・
■2017/04/10 犬の胆泥症、胆石症は小型犬がなりやすい
犬の胆泥症、胆石症は小型犬がなりやすい
【小型犬は胆泥症や胆石症になりやすい】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
食事に不要なものや毒物が多く入っていると胆泥症や胆石症になる。
最近、多く見られる傾向があ・・・
■2017/04/09 犬猫の脂肪を消化するには胆汁が必要
犬猫の脂肪を消化するには胆汁が必要
【脂肪を消化するためには胆汁が必要】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
脂肪を取るとその脂肪分の消化には胆汁が必要になる。
胆汁は、脂肪分の吸収に大きな役割がある。
・・・
■2017/04/08 犬の胃と人の胃のpHの比較
犬の胃と人の胃のpHの比較
【犬の胃のpHは人よりも低い】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
犬の胃のpHは、1~2と強酸性である。
人の胃のpHは、2~4と酸性である。
 
人の胃のpHより酸性なの・・・
■2017/04/07 犬と人の腸管の長さの比較
犬と人の腸管の長さの比較
【人と犬と猫の消化管の長さの比較】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
人と犬と猫のそれぞれの消化管の長さを比べてみると、人は消化管の長さが体の7.5倍、犬は5~6倍、猫は・・・
■2017/04/04 犬は雑食なのか、肉食なのか
犬は雑食なのか、肉食なのか
【犬は、肉食なのか、雑食なのか】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
犬の祖先は、オオカミといわれている。
オオカミは、肉食動物なので、犬も肉食だという考えもある。
&・・・
■2017/04/03 犬の手作り食は水分が多く取ることができる
犬の手作り食は水分が多く取ることができる
【手作り食は水分が多く入る】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
食物が十分に消化されるためには、食物と一緒に水分が消化するときに一緒にあることが大事になる。
水分が・・・
■2017/03/31 犬猫の缶詰フードの蓄え
犬猫の缶詰フードの蓄え
【缶詰フードの備蓄】
 
うちの猫は、缶詰フードを食べている。
缶詰フードをさらに水を加えて与えている。
 
なぜ、うちの猫が缶詰フードを食べているのか?
ドライフードを食べると皮膚炎が起・・・
■2017/03/30 犬猫の震災の時はドライフードを食べることも必要
犬猫の震災の時はドライフードを食べることも必要
【震災の時はドライフードを食べることも必要】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
ドライフードは、酸化して悪いところを話してきた。
ただ、震災になった時は、ドライフー・・・
■2017/03/28 犬猫のドライフードより缶詰フードの方がいい
犬猫のドライフードより缶詰フードの方がいい
【ドライフードより缶詰フードの方がまだいい】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
ドライフードは、油の酸化が起こり過酸化脂質になり、発癌性になる。
その為、ドライフー・・・
■2017/03/27 犬猫の酸化防止剤が入っていても酸化する
犬猫の酸化防止剤が入っていても酸化する
【油は酸化防止剤が入っていても酸化する】
 
油の酸化は、どんどん進んでいく。
いくら抗酸化物質を加えていても進んでいく。
 
ドライフードが作られてパックされていっても、もしドライフード・・・
■2017/03/25 犬猫のドライフードは酸化している
犬猫のドライフードは酸化している
【開封して時間のたったドライフードは酸化している】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
ドライフードは、1度開けたら1カ月ぐらいで食べきるぐらいの量がいい。
2ヶ月も3ヶ・・・
■2017/03/23 犬猫の酸化した脂肪は癌になりやすい
犬猫の酸化した脂肪は癌になりやすい
【酸化した脂肪により癌になりやすい】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
脂肪は、酸化すると毒になります。
酸化した脂肪は、体の中で過酸化脂質になります。
過酸化脂質・・・
■2017/03/21 犬猫の脂肪は直接全身に回る
犬猫の脂肪は直接全身に回る
【脂肪は直接全身に回る】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
脂肪は、肝臓を通らずに全身に運ばれてしまう。
質の悪い脂肪などの毒素を肝臓で取り除くことができない。
&nb・・・
■2017/03/20 犬猫の食べ物の脂肪と栄養などは吸収経路が違う
犬猫の食べ物の脂肪と栄養などは吸収経路が違う
【食物中の脂肪とその他は経路が違う】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
食物中の脂肪とその他では、経路が違う。
食物は、小腸内で体内の分泌酵素と微生物の働きによって・・・
■2017/03/19 犬猫の脂肪の取りすぎは外耳炎になる。
犬猫の脂肪の取りすぎは外耳炎になる。
【脂肪の取り過ぎは、外耳炎の原因になる】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
脂肪の取り過ぎは、涙目の原因になるという話をしたが、その他、外耳炎の原因にもなる。
耳に・・・
■2017/03/14 犬の脂肪の取りすぎは涙目になる
犬の脂肪の取りすぎは涙目になる
【脂肪の取り過ぎは涙目の原因になる】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
涙目になっている犬が多い。
西洋医学では、目の縁が腫れることで涙管の開口部が塞がれて涙が出る・・・
■2017/03/10 犬猫のメタボになると腫瘤ができやすくなる
犬猫のメタボになると腫瘤ができやすくなる
【メタボになると腫瘍ができやすい】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
脂肪があるところは、循環が悪くなることで浮腫みやすくなる。
流れが悪くなると東洋医学では瘀血の・・・
■2017/03/06 犬猫の脂肪があるところは浮腫みやすい
犬猫の脂肪があるところは浮腫みやすい
【脂肪があるところは浮腫みやすい】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
浮腫みがあるところは、血液の流れもリンパの流れも悪くなっていることが多い。
その浮腫みがあると・・・
■2017/03/05 犬猫の循環が悪くなると白内障にもなりやすい
犬猫の循環が悪くなると白内障にもなりやすい
【水が多くなって循環が悪くなると白内障にもなりやすい】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
水分が多くなって循環が悪くなると浮腫みが出てくる。
それは目の中も同じであ・・・
■2017/03/03 犬猫の浮腫みをとる食材
犬猫の浮腫みをとる食材
【浮腫みを取るような食材】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
浮腫みを取るためには、マッサージとおしっことして出すような食材を使う。
 
カリウムが多い食材は、・・・
■2017/03/02 犬猫の瘀血の治療
犬猫の瘀血の治療
【瘀血の治療方法】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
瘀血になると血液の流れが悪くなり、血が滞ると炎症が起きる。
しもやけがイメージしやすいかと思う。
しもやけを治・・・
■2017/02/28 犬猫の瘀血
犬猫の瘀血
【血が多いことを東洋医学では瘀血という】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
水分が多いと血液が多くなったり、組織液が多くなったりすることで炎症がおきる。
これを東洋・・・
■2017/02/26 犬種によっても違う
犬種によっても違う
【犬種によっても違う】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
水分が多いタイプ、少ないタイプは、犬種によっても違いがある傾向がある。
 
外国で開発された犬種は、日・・・
■2017/02/25 犬猫の水分が多すぎても滞る
犬猫の水分が多すぎても滞る
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
水分が多いと体のいたるところで、どろどろした状態になり、溜まっていくようになる。
滞って一か所にとどまると炎症が起きてイボになったり、腫瘍・・・
■2017/02/24 犬猫の適度な水分
犬猫の適度な水分
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回、腸管には水分が必要という話をした。
これは、腸管に限らず、どの臓器にも水分が必要になる。
それも適切な量の水分が必要になる。
 
・・・
■2017/02/23 犬猫の消化には水分が必要
犬猫の消化には水分が必要
【消化には水分が必要】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
腸管には水分が必要。
どのくらいの水分が入っているかで、腸管内のバランスが保たれている。
腸管の粘膜に水分・・・
■2017/02/21 犬猫の大腸
犬猫の大腸
【大腸の大腸菌群】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
小腸から流れていった消化物は大腸に行く。
大腸では、食物繊維の発酵分解、水分の吸収と電解質の吸収をしている。
&・・・
■2017/02/20 犬猫の腸内フローラ
犬猫の腸内フローラ
【腸内フローラ】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
最近、腸内フローラという言葉や話がよくあると思う。
腸管内の善玉菌と悪玉菌のバランスの事である。
いろいろな善玉・・・
■2017/02/19 犬猫の野菜を与えると乳酸菌が増える
犬猫の野菜を与えると乳酸菌が増える
【野菜を与えると乳酸菌が増える】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
先日、乳酸菌は強酸性の胃液を通過するときに死なないのか疑問がある話をした。
きっとある程度は死ん・・・
■2017/02/17 犬猫の乳酸菌は、胃酸で死んでいないのか
犬猫の乳酸菌は、胃酸で死んでいないのか
【乳酸菌は、胃酸で死なないのか】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
小腸は、弱酸性になっているという話をした。
小腸内は、弱酸性になっていることで悪玉菌が増えないよ・・・
■2017/02/16 犬猫の胃酸を増やすには
犬猫の胃酸を増やすには
【胃酸が少なくなった時に胃酸を増やす方法は】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
昨日、胃酸が少なくなることで、小腸内が中性になって悪玉菌が増えることで、感染を起こす・・・
■2017/02/14 犬猫の胃酸の減少
犬猫の胃酸の減少
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
人と同じように高齢になってくると胃酸が少なくなってしまう。
胃酸が少なくなると嘔吐することがある。
 
小腸内は、正常だと弱酸性になっ・・・
■2017/02/13 犬猫の朝嘔吐する場合
犬猫の朝嘔吐する場合
【朝ごはん前に吐く】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
よく朝方、朝ごはんを食べる前に吐くということを言われることがある。
これは胃酸過多になっていることが多い。
&・・・
■2017/02/12 犬猫のげっぷやおならが多いとき
犬猫のげっぷやおならが多いとき
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回、ドライフードをドライのまま食べて、その後水を飲んでも胃の中で混ざることはなく、先に水が流れていってドライフードだけが残ってしまい、消・・・
■2017/02/11 犬猫のドライフードはそのまま与えた方がいいか
犬猫のドライフードはそのまま与えた方がいいか
【ドライフードはそのまま与えた方ががいいのか】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
先日、乾物は与えすぎには注意が必要。という話をした。
これは、同じ乾物のドライフー・・・
■2017/02/09 犬猫の乾燥した食べ物は注意が必要
犬猫の乾燥した食べ物は注意が必要
【乾物には注意が必要】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
おやつも手作りをしてほしいという話をした。
おやつはちょっとしたときに与えたし、保存がきく方がいいので、さ・・・
■2017/02/07 犬猫のおやつ
犬猫のおやつ
【おやつも手作り】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
脱線しすぎたので、話を手作り食に戻していく。
手作り食にしていく場合、おやつも手作りにしていく必要がある。
基・・・
■2017/02/05 犬猫のほんの少し、ちょっとだけ
犬猫のほんの少し、ちょっとだけ
【ちょっとだけ、ほんの少し】
 
食事もおやつも与えすぎないようにすることが大事だ。
どうしても自分たちの感覚で与えてしまうので、「ちょっとだけ」「ほんの少し」が人の基準になってしまう。
 ・・・
■2017/02/04 食後のデザート
食後のデザート
【食後のデザート】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回のつながりで、手作り食とは関係がないが、食後のデザートというものがある。
これも食べ過ぎのメカニズムとよく・・・
■2017/02/03 犬猫、おやつの食べ過ぎは注意
犬猫、おやつの食べ過ぎは注意
【おやつの与えすぎも注意】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
おやつも与えすぎれば同じことが起こる。
食事といえば、フードになるが、おやつも同じことになる。
動物に・・・
■2017/02/02 犬猫、食べ過ぎると食欲が増す
犬猫、食べ過ぎると食欲が増す
【食べ過ぎると食欲が増す】
 
手作り食の話とは、ちょっと違うが食欲の話をする。
生きていくためには、食事を取らないと生きていけないので、お腹がすくようになっている。
お腹がすけば、食べたくな・・・
■2017/01/31 犬猫の糖質と脂質のコントロール
犬猫の糖質と脂質のコントロール
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食にすると糖質と脂質のコントロールができることも利点である。
炭水化物を入れないで作れば、糖質の制限ができる。
糖質は取らなくもよい・・・
■2017/01/29 犬猫のフードの既製品の難しさ
犬猫のフードの既製品の難しさ
【既製品の難しさ】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
糖質と脂質をどうやって減らすかということが、脂肪太りのタイプのメタボは課題になる。
そのため、ドライフードも缶・・・
■2017/01/28 犬猫の缶詰フード
犬猫の缶詰フード
【缶詰フードはどうなのか】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
ドックフードは、炭水化物が入っていることが多いので、減量にはなかなか難しい。
となると缶詰ならどうなのか。
某・・・
■2017/01/27 ドライフードでは痩せにくい理由
ドライフードでは痩せにくい理由
脂肪太りの場合の減量は、糖質と脂質を抑える必要がある。
糖質は、主に炭水化物を控えることになる。
脂質は、そのまま脂肪を控えることになる。
 
その為、ドライフードで痩せようと思うとなかなか難・・・
■2017/01/26 犬猫のドライフードと脂肪太り
犬猫のドライフードと脂肪太り
【脂肪太りとドライフードの関係】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
糖質と脂質を取りすぎるとメタボになると話したが、糖質は砂糖や果物と思われがちだが、炭水化物も糖質・・・
■2017/01/24 犬猫の脂肪と糖質
犬猫の脂肪と糖質
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
もう1つのメタボのパツパツになっているメタボの場合はどうするのか。
パツパツのメタボになっている場合は、脂肪の取り過ぎと炭水化物の取り過ぎが原因に・・・
■2017/01/23 犬猫の浮腫みを取る方法
犬猫の浮腫みを取る方法
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
浮腫みを取るのに利尿効果がある食材を使う話をした。
更にマッサージを加えると浮腫みが取れやすくなる。
 
マッサージはどこに浮腫みがあ・・・
■2017/01/20 犬猫の浮腫みをどうやって取るのか
犬猫の浮腫みをどうやって取るのか
【浮腫みをどうやって取るのか】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
浮腫みを取らなければ、痩せることが難しいという話をした。
それでは、どうやって浮腫みを取るのかとい・・・
■2017/01/19 犬猫のどっちのタイプのメタボなのか
犬猫のどっちのタイプのメタボなのか
【どちらのタイプのメタボなのか】

おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
メタボには、2つのタイプがあるという話をした。
浮腫みのタイプの方が最近は多いので、浮腫みのタイプのメタ・・・
■2017/01/17 メタボリックのタイプ
メタボリックのタイプ
【メタボのタイプ】
 
最近の子は、ほとんどがメタボになっていることが多い。
メタボも2つのタイプがある。
パツパツで硬く、皮膚がはちきれそうになっているメタボは、脂肪がパツパツになっている。
・・・
■2017/01/16 手作り食の食事量と体型
手作り食の食事量と体型
【手作り食の食事量の決め方】
 
食事量は、その子によって違うという話をした。
その子その子によって、沢山食べる必要がある子もいれば、少なくてもいい子もいる。
そうなるといったい自分の子は、ど・・・
■2017/01/15 手作り食の食事量
手作り食の食事量
【手作り食の食事量】
 
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食で、皆さんが悩まれるものの一つに食事の量がある。
どのくらいあげたらいいのかわかりにくい。
確かに、・・・
■2017/01/14 犬猫の手作り食の食事量
犬猫の手作り食の食事量
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
食事は、体のもとになっていることは確かである。
食事をしなければ、生きていけないわけで、そこからエネルギーや栄養をもらっているので、体の基・・・
■2017/01/13 犬猫の糖尿病ケトアシドーシス
犬猫の糖尿病ケトアシドーシス
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食でうまくケースは他にもある。
当院で、糖尿病の子がいた。
その子は、糖尿病でケトン体が尿にでる糖尿病性ケトアシドーシスという状態に・・・
■2017/01/12 犬猫の手作り食の食材の効果効能
犬猫の手作り食の食材の効果効能
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食は、薬膳的な効果をもたらすことができる。
それぞれの食材には、効果効能があり、臓器に対する効果もあるし、症状を改善する効果もある。
・・・
■2017/01/10 犬猫の手作り食の食材の副作用
犬猫の手作り食の食材の副作用
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回、食べ物である以上食べる量を守れば副作用の心配はないという話をした。
ここで注意なのが、全く副作用がないわけではない。
有名なのが、玉・・・
■2017/01/09 犬猫の手作り食の食材の5性
犬猫の手作り食の食材の5性
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
前回、食材には帰経といってそれぞれの臓器に効果があるという話をした。
これと更に5性という温めるタイプや冷やすタイプ、どちらでもないタイプが・・・
■2017/01/08 犬猫の手作り食の食材選び
犬猫の手作り食の食材選び
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
全ての食材には5性、5味がある話をした。
更に全ての食材には帰経という効果もある。
帰経というのは、食材にはそれぞれの臓器に効果があるという・・・
■2017/01/07 犬猫の手作り食の食材の五味
犬猫の手作り食の食材の五味
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
食材には5性と5味があることを話した。
中医学は5つにわけることが好きなようだ。
 
5味にもそれぞれ作用がある。
酸味は、体の体調や体液・・・
■2017/01/06 犬猫の手作り食の食材の味
犬猫の手作り食の食材の味
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
全ての食材には5性があるという話をした。
それと同じように全ての食材には5つの味がある。
「酸」「苦」「辛」「鹹」「甘」の5つの味の特徴的作用・・・
■2017/01/01 あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
昨年は、お世話になりました。
 
動物の為に今年も自分なりの情報を発信してまいります。

本年もよろしくお願いいたします。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇・・・
■2016/12/30 犬猫の手作り食の食材の味
犬猫の手作り食の食材の味
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
全ての食材には5性があるという話をした。
それと同じように全ての食材には5つの味がある。
「酸」「苦」「辛」「鹹」「甘」の5つの味の特徴的作用・・・
■2016/12/29 犬猫の手作り食の食材の好き嫌い
犬猫の手作り食の食材の好き嫌い
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
いろいろな食材を使ってもらえるといいのですが、どうしても好き嫌いが出てきます。
動物に「好き嫌いはダメでしょ」といっても聞いてくれませんの・・・
■2016/12/27 犬猫の手作り食の食材の温めるタイプ、冷やすタイプ
犬猫の手作り食の食材の温めるタイプ、冷やすタイプ
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
食材には、5性がある話をしてきているが、平性の食べ物が実は1番多い。
温めもせず、冷やしもしない食材が、食べ物の中では1番多い割合になる。
全・・・
■2016/12/26 犬猫の手作り食の食材で利尿作用がある食材
犬猫の手作り食の食材で利尿作用がある食材
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
食材には5性があり、それぞれの食材が温めるタイプだったり、冷やすタイプだったり、どちらでもなかったりする。
これは、自分たちが食材を選ぶとき・・・
■2016/12/25 犬猫の手作り食の食材の五性
犬猫の手作り食の食材の五性
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
食材には5性があり、それぞれ温めたり、冷やしたり、何もしなかったりする。
それぞれの食材には、特徴がある。
熱性、温性の食材は、その名の通り・・・
■2016/12/24 犬猫の手作り食の食材の薬膳という考え方
犬猫の手作り食の食材の薬膳という考え方
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
それぞれの食材には、薬膳の効果があると考える。
食材の持つ薬効で症状の改善させたり、病気を治したりする。
 
食べ物には、5つの性質を持・・・
■2016/12/23 犬猫の手作り食でサプリメントは必要か
犬猫の手作り食でサプリメントは必要か
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
食材をチェックするのだが、よく足りないところをサプリメントやビタミン剤で補おうとする方がいる。
これは、なるべくやらないようにする。
 ・・・
■2016/12/22 犬猫の手作り食の食材のローテーション
犬猫の手作り食の食材のローテーション
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食は、いろいろな食材を使ってもらい、なおかつ1週間に1回ローテーションするわけだが、皆さんとしても栄養の偏りがないか、栄養が足りるのか・・・
■2016/12/20 犬猫の手作り食の食材の偏りをなくす
犬猫の手作り食の食材の偏りをなくす
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食の食材は、肉、魚、緑黄色野菜、葉物野菜、根野菜、紫色の野菜、きのこ類をまんべんなく与えてもらう。
なるべくいろいろな種類の食材を与・・・
■2016/12/19 犬猫の手作り食の食材の使い方
犬猫の手作り食の食材の使い方
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食は、何を使うのかということで、肉もそれぞれ特性があるので、その子の体調に合わせるといいが、最初はささみを使っていく。
ささみは、手・・・
■2016/12/18 犬猫の手作り食の食材の調達
犬猫の手作り食の食材の調達
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食の食材は、今現状でスーパーで買えるようなものを使っていく。
あまりにマニアックな食材は使わないようにしている。
もちろん手に入る方・・・
■2016/12/17 犬猫の手作り食はどのようにするのか
犬猫の手作り食はどのようにするのか
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
手作り食を作るのに何を使えばいいのか、どのくらい与えたらいいのか、栄養面の問題はないのかなど、いろいろと悩まれると思う。
 
手作りはどう・・・
■2016/12/16 犬猫の食事 バーフ
犬猫の食事 バーフ
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
バーフというハンバーグみたいなフードもある。
これも生食で、冷凍食品のような感じのフードで、これを冷蔵庫で自然解凍して与えるフードである。
 
・・・
■2016/12/15 犬猫の加熱した手作り食
犬猫の加熱した手作り食
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
このような手間を考えたり、細菌や寄生虫の問題を考えたりするのであれば、加熱して作る手作り食がいいと思う。
 
手作りは、肉や野菜などを入れて煮・・・
■2016/12/13 犬猫のフリーズドライ食
犬猫のフリーズドライ食
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
生食は、冷たいまま与えるのは、細菌の感染や体に熱がこもって病気になってしまうので、やりにくい。
 
そうなるとフリーズドライのフードはどう・・・
■2016/12/12 犬猫の食事の生肉
犬猫の食事の生肉
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
肉を冷たい生のまま与えればいいという方もいらっしゃると思います。
ただ、肉を冷たいまま食べると胃に冷たいまま入っていきます。
 
そうする・・・
■2016/12/11 犬猫の生食
犬猫の生食
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
生食の問題としては、手間とあとはやはり生のまま与えるのであれば、寄生虫の問題や細菌の問題があり、感染が怖い。
寄生虫に関しては、絶対大丈夫・・・
■2016/12/10 犬猫の手作り食
犬猫の手作り食
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
自分としては、手作り食がいいと思っている。
生食派の方も多くいらっしゃると思います。
やはり生の良さは、酵素やビタミンが壊れずにそのまま取・・・
■2016/12/09 犬猫の体にいいものだけを入れる
犬猫の体にいいものだけを入れる
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
一度にいろいろなものを食べようとしなくてもその時その時に合わせたものを食べればいい。
そんなにいろいろなものを食べなくても大丈夫だ。
ドッ・・・
■2016/12/08 犬猫の栄養バランス
犬猫の栄養バランス
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
消化には体力やエネルギーも使うので、なるべくシンプルでなおかつ栄養をバランスよく取っていく必要がある。
 
この栄養をバランスよくとい・・・
■2016/12/06 犬猫のフードもいろんなものが入っている
犬猫のフードもいろんなものが入っている
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
様々なものを入れると味が複雑になっておいしく感じるようになるのではないかと思っているのだが、いろいろなものをいっぱい取りすぎると体には負担・・・
■2016/12/05 犬、猫、人の加工品には、いろんなものが入っている
犬、猫、人の加工品には、いろんなものが入っている
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
動物も味を複雑にするとおいしいと感じるのではないかという話をしたが、あまりにも多くのものがドックフードやキャットフード、おやつに入っている・・・
■2016/12/04 犬猫の食事の味覚
犬猫の食事の味覚
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
味覚というのは、複雑にしてわからないようにすると深みが増すようである。
シンプルな味は、脳にダイレクトにわかるので、単純な味は深みにはなら・・・
■2016/12/03 犬猫のおやつはいろんなものが売られている
犬猫のおやつはいろんなものが売られている
本当におやつは様々なものが売られている。
あまりにも種類の多さにびっくりする。
それは、ドックフードやキャットフードも同じであるが、おやつは特に種類が多い。
 
この中で、何割のおやつが本当に動物・・・
■2016/12/02 犬猫のおやつも注意
犬猫のおやつも注意
ドックフードやキャットフードも注意が必要だが、おやつもかなり注意をしなければならない。
 
先日から話をしているが、動物用だから安全なおやつということはない。
ドックフードやキャットフードより、お・・・
■2016/11/29 犬猫のフードの管轄
犬猫のフードの管轄
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
動物用のフードというのは、管轄しているのは農林水産省である。
人の食べ物は厚生省である。ここに差が生まれる。
厚生省では、人では使っていいもの・・・
■2016/11/28 犬猫のフードの現実的な問題
犬猫のフードの現実的な問題
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
動物用のフードとして、様々なものが売られている。
ドライフード、缶詰フード、半生タイプ、フリーズドライ、パウチタイプなどなど。
いろいろな・・・
■2016/11/26 犬猫の体にいいものを与える
犬猫の体にいいものを与える
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
ペットは、人のようにデトックスをすることは難しいので、なるべく体にいいものを食べさせてあげる必要がある。
 
そのためには、食事にも気・・・
■2016/11/25 犬猫の体にたまった老廃物
犬猫の体にたまった老廃物
デトックスができなくなって、体の中に老廃物が溜まってくると何がおこるだろう。
体が若い時は、細胞の活性も早いので、悪いものや老廃物を吸収して細胞がダメージを受けても再生したり、新しいものに変わった・・・
■2016/11/24 犬猫の体にいいものを入れると健康になると思っている
犬猫の体にいいものを入れると健康になると思っている
体の中に溜まってしまったものが、いつか出せるときがあるといいのだが、人は食べることが健康だと思っているので、ペットも常に食べていく。 
 
もちろん、栄養は常に消費しながら生きているので、常に補っ・・・
■2016/11/23 犬猫の食事による過剰摂取
犬猫の食事による過剰摂取
どうしてもペットを飼っているのが、人になるので、人は体にいいものを食べることで健康になると思い込んでいるので、食べているフードの他になにか別にあげたくなる。
 
何かを加えたのであれば、何かを・・・
■2016/11/22 犬猫の食事で体にいいものだけをいれる難しさ
犬猫の食事で体にいいものだけをいれる難しさ
体を作っている源は食事になる。
食べたものは、口から入り、食道、胃、腸管と流れていく。
そして、主に小腸や大腸で栄養は吸収されていく。
 
体は、いいものだけを吸収することはできない。
とりあ・・・
■2016/11/21 犬猫のドライフード
犬猫のドライフード
ドックフードやキャットフードは、人の都合で作られていることが多い。
ドライフードは、そのまま与えて日持ちもするし、管理もしやすい。
本当にそれでいいのか?人は、カロリー○イトだけ食べて生きていけるの・・・
■2016/11/19 犬猫の食事は本当にそれでいいのだろうか
犬猫の食事は本当にそれでいいのだろうか
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
 
昨日は、ペットも人と同じように健康に気をつけましょう。という話をした。
「いや、うちの子の健康には気をつけてる」というと思う。
しかし、本当だ・・・

戻る