友だち追加数

LINE@はじめました。クーポンなど配信中!

当院での症例紹介
ホーム > 症例紹介
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報
grainfree
猫ちゃんの食物アレルギー
症例カテゴリーに戻る
猫のフード
種類
年齢
診療科目
症状

猫ちゃんの食物アレルギーは、猫ちゃんの皮膚病の中でも私自身は割と多いと思っております。
猫ちゃんは、ネコ科動物ですからライオンやトラ、チーターなどと同じです。
ライオンなどは草食動物の肉を食べて生きています。
それと同じで、猫ちゃんも肉食動物になります。
しかし、現在ではキャットフードというものを与えられているのですが、ドライフードのキャットフードには
小麦、大麦、トウモロコシ、米などの穀物が入っています。
人間でも小麦にアレルギーが多いのと同じで、穀物はアレルギーを引き起こしやすいです。
なおかつもともと食べていなかったものを与えることで体は異物を毎日摂取していると判断してきますので、
アレルギーになりやすいと思います。
その為に猫ちゃんの食物アレルギーは多いと思っております。
皮膚病が食事を変えることで改善になることがあります。
猫ちゃんの皮膚病がなかなかよくならない場合は、食事の問題もあるかもしれません。

猫のフード
猫ちゃんフードでの生肉と内臓をフリーズドライに加工しているフードです。
穀物が入っていないフードで当院の猫に食べさせています。
猫ちゃんのうんちやおしっこは臭いイメージがありますが、
当院の猫はうんちもおしっこも臭くありません。
毛づやもいいと皆さんにほめられます。