友だち追加数

LINE@はじめました。クーポンなど配信中!

当院での症例紹介
ホーム > 症例紹介 > 眼科
1分でわかる!ふじわら動物病院
動物の健康管理
  • 5歳までのワンちゃん
  • 5歳~7歳のワンちゃん
  • 7歳以上のワンちゃん
  • ネコちゃん
  • ウサちゃん
病院からのお知らせ
  • 最新情報
  • 院長コラム
求人情報
grainfree
眼球破裂の症例
症例カテゴリー:眼科

角膜に感染を起こして、角膜が溶けて破れてしまい、眼房水が出てしまった症例です。

シーズーやパグ、フレンチブルドック等の短頭種は、よく角膜の病気になります。
角膜炎をおこしたり、角膜に傷がついたりします。
角膜が細菌感染を起こすことで、角膜が溶けてしまい、角膜が破れてしまうことがあります。

角膜が破れてしまうと中から眼房水が出てしまい、目が小さくなってしまいます。
そうすると失明してしまいます。
失明を避けるために手術をおこない、角膜の治療をおこなう必要があります。

IMG_0970

 

 

 

 

 
通常では、結膜を移植したり、角膜を移植したりすることで治療をします。
今回は、ご自宅で目薬をさすことができないということで、目薬をすることが
できませんでした。

点眼ができないと手術した後も点眼をしていただかないといけないため、手術も難しく、治療の選択肢が限られてしまうことが問題になりました。

その為、今回は内服だけでの治療になりました。
結局は失明をしてしまいましたが、眼球の温存はできました。

IMG_1075

 

乾性角結膜炎
症例カテゴリー:眼科

わんちゃんの目で、黄色い粘調度の高い目やにが多く見られる時があります。
これは、目が乾燥してしまって涙の分泌が出なかったり、油が出なかったりして
乾燥することで、角膜炎や結膜炎をおこし、感染してきます。

IMG_0337
原因は、突発的だったり、免疫が絡んだり、涙を出す涙腺の神経の異常、
老化に伴う涙腺の委縮などがあります。
乾燥がひどくなると角膜に血管や色素が見られて視覚障害を起こします。

治療は、涙液を補なったり、免疫抑制剤で涙液の産生をしたり、感染をコントロールしたりします。
生涯にわたって1日何回も点眼をする根気のいる治療が必要になります。

準備中です。
症例カテゴリー:一般診療皮膚科眼科統合医療

ただいま準備中です。

進行性網膜萎縮
症例カテゴリー:眼科

ダックス、プードルをお飼いの方、特に注意を!

最近、急に目が見えなくなったというダックスやプードルが増えてきています。
「進行性網膜萎縮」という病気で突然失明してしまう病気があります。
症状が急に目が見えないような状態になるのですが、進行性というぐらいなので、徐々になることもあります。
現在では、この進行性網膜萎縮の治療や手術はなく、進行を遅らせるもしくは、予防するサプリメントしかありません。

この検査は網膜検査が必要になりますので、特別な検査が必要になります。

特にダックス、プードルの方は症例が増えておりますので、予防的にサプリメントを飲ませてもらうのがいい方法です。眼科専門医では、予防対策としてダックスやプードルの方には、症状がなくてもサプリメントを子犬のうちから飲ませてもらっています。